ISO9001の内容を理解する

構築方法を知ろう

ネットワーク

組織の整理

ISO9001を取得するにあたり重要なのは、構築です。その中で組織がこうあるべきという姿を明確にしなくてはなりません。また組織を取り巻く問題や改善点を見直すための課題、利害関係者からの期待とニーズを一つにまとめていきます。その上でISO9001を取得する時に必要な情報を構築していき、適用範囲を順番に決めていきます。ここで注意点なのはよい製品づくりにだけ目を向けないことです。自社製品が提供されるまでのプロセスはISO9001をスムーズに取得するための重要なポイントになるため、プロセス抜きでは語れません。これらの構築にはその場の意見を上手にまとめられる人、説明責任を持てるリーダーシップ性の高い人がいると心強いです。ISO9001においてはトップマネジメントが強く関わってくるので、うまく構築するためには不可欠な存在です。

計画を練る

理想の組織を目指して過程や工程、方法が固まってもそれらが必ず達成させることはできません。仮にISO9001取得前に予期せぬ状況に陥ったりリスクが生じたりした場合、どのようなきっかけがそれを生み出したのかはっきりさせるべきでしょう。ISO9001取得のための構築では、予期せぬ状況を上手にかわすための計画を立てる工程があるので、プロセスの管理及びリスクを考えた支援体制を整えるチャンスになります。これには、環境訓練や監視測定機器、知識等の組織内にある資源も対象になります。その中には教育に関する訓練や組織の外にいる人物に対し明確に情報を提示する必要な項目もあるので、ISO9001を取得する時の参考にしましょう。

計画と手順を整えよう

これまでのプロセスが固まった後は、先に練った計画と手順を照らし合わせていき、具体的に運用できるよう調整していきます。例で言うと顧客への対応やクレーム対応、発注の仕方、営業活動等顧客へのコミュニケーション法からサービス開発や設計といった業務に関することをもう一度見直し、手順を整えていきます。誰がどこを担当するのか、どう進めていくのかがはっきり見えてくると構築は成功したといえるでしょう。この段階でサービスを提供する時の順番とトラブルが発生した時の上手な対処法も細かく決めていくことができます。運用に関する手順が出来上がったところで、実際に評価をしていきます。この部分は製品と顧客にサービスを提供する時の工程で何らかの問題が発生していないかを指標に基づき判断していきます。結果をトップマネジメントに報告し、改善方向を指示すればもう一度見直しをしていきます。頭をフル回転するので疲れますがISO9001取得をするなら必ず通る道です。

コンサルティングの存在

ISO9001を取得したからといって不良品が発生しないとはいいきれず、中には製品回収が多い企業でもISO9001の取得ができています。そもそも不良品の発生率が多いだけが判断基準ではなく、取扱商品や業種によって左右されます。ISO9001が目指すところは、不良品を完璧になくすことではありません。「不良品とクレームの数」を前提に構築するのが一般的な考えなので、会社全体が守れるような決まりを設定し、その通りに動けるかが注目されます。例えば、不良品が発見された時迅速に対応して、原因を追究し同じことを繰り返さないよう改善させるのがISO9001の狙いです。近年はこうした構築のお手伝いをするコンサルタント業サービスが活発になっており、ISO9001を取得するための情報を基にサポートを行なってくれます。手順でわからないことがある場合は、コンサルタントの知識で円滑に事務処理をしてくれます。自力で取得するにもありですが、時間と手間を考えるとコンサルティングに依頼した方が早いですし確実でしょう。取得までにかかる期間としては、組織の状況にされるものの、半年から一年が一般的です。実際に作ったマニュアルを数か月実行し、問題がなければそのまま取得できます。

広告募集中